猫にもニキビができる?猫のニキビの取り方・治療・予防方法とは

 

 

猫にもニキビができることをご存知でしょうか?今回は、猫にできるニキビについて、詳しくお伝えしていきます。猫にニキビができる症状とは何か、ニキビができる原因はそもそも何なのか、猫ニキビの取り方・治療・予防方法方法などを詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

猫のニキビの症状とは?

 

 

猫のニキビには、「挫瘡(ざそう)」と呼ばれる疾患名がつけられています。人間のニキビと同じように、猫のニキビも毛穴が詰まることで生じますが、人間と違い、猫の場合は顎の周りに集中してできる傾向があります。

 

猫のニキビは、どの種類の猫にも起こりうる症状であり、猫の性別や年齢などにも特に偏りはありません。体質によって、ニキビが出やすかったり、再発を繰り返したりする猫もいます。

 

軽度の症状の猫ニキビは、皮脂が毛に絡んで、黒いブツブツがつき、砂粒がついているように見えます。

 

中度の症状の場合、ニキビの周りの毛が抜け、赤い斑点ができるようになります。猫が痒がったり、痛みを感じたりして、家具の角などに患部を擦り付ける動作をすることがあります。

 

重度の症状になると、ニキビの患部が細菌感染して膿み、ただれて出血が見られることもあります。このような状態になると、自宅での治療はほぼ不可能となります。

 

基本的に、中度以上の症状が見られた場合には、すぐに動物病院に連れて行き、獣医師の診察を受けるべきだといえます。

 

 

 

猫にニキビができる原因

 

 

 

 

猫のニキビは、皮脂腺からの分泌物が毛穴に詰まり、炎症を起こすことによって引き起こされます。主な猫ニキビの原因については、以下のようなケースが考えられます。

 

 

・ストレス

 

猫は繊細な性格を持っているため、飼い主にかまってもらえなかったり、引越しをしたり、先住猫と気が合わなかったりなど、様々な原因でストレスを抱え、それによってニキビが発生する場合があります。

 

ストレスの原因がわかった場合は、猫のストレスを極力取り除く環境づくりを行い、なるべくストレスがたまらないように、飼い主ができる限りのことをしてあげましょう。それでも改善が見られない場合は、動物病院で獣医師に相談するのがベストです。

 

 

・ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れは、特に避妊・去勢の手術を行った際に生じやすいです。手術の後に、猫の顎などにニキビが見られた場合には、ホルモンバランスが乱れてしまっている可能性が高いため、動物で獣医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

・毛づくろいが不足している

 

顎の下や口の周辺は、毛づくろいがしにくい場所です。猫は、前足を舐めて顔を洗う習性を持っていますが、うまく顔を洗うことができないタイプの猫も中にはいます。顎の下は食べカスやよだれなどが付着しやすく、特にウェットフードをメインに与えている場合には、口の周りに食べ物がつき、不潔になりやすいです。

 

猫の口の周りが汚れているのを発見したら、放置するのではなく、お湯で濡らした清潔な布(コットンなど)で拭き取ってあげるようにしましょう。

 

その他、猫用の敷物などに顎を乗せて寝る癖がある場合、敷物が汚れていると、雑菌が繁殖して猫のニキビの原因となってしまうこともあります。猫用の敷物は、清潔で猫のお肌に優しいものを用意するようにしてください。

 

 

・食器のアレルギー

 

プラスチック、ステンレスといった素材の食器は、猫の体質に合わずにアレルギーが生じる場合があります。そのため、食器についてはアレルギーが生じにくい陶器やガラスのものを使用すると良いでしょう。

 

 

・フードが体質に合っていない

 

猫に与えているフードが体質に合っていない場合、ニキビの原因となることがあります。脂肪分が多いフードを与えていると、ニキビができやすい傾向がみられます。ただし、脂肪分を極端に抑えると、皮脂が分泌されすぎてニキビの原因となる場合もあるため、注意が必要です。

 

その他、これまで与えていたフードとは違った種類のものを突然与えると、お腹を壊したり、ニキビができたりする原因にもなりえます。そのため、必要に応じて動物病院で獣医師のアドバイスも受けつつ、新しいフードに少しずつ変えていくのがベストでしょう。

 

 

・ニキビダニ症(毛包虫症)を発症している

 

ニキビダニ症(毛包虫症)とは、ニキビダニが猫の毛の根元に寄生することで発症する症状を指します。ニキビダニは、健康な猫にも寄生している可能性のある寄生虫で、免疫力が低下していると、ニキビダニが原因となって炎症が発生する場合があります。もしも、ニキビダニが原因でニキビが生じている場合は、動病院で獣医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

 

猫のニキビの治療法・予防方法

 

 

 

 

・猫ニキビの適切なケア方法とは

 

猫にニキビができないようにするための予防方法としては、シャンプーの時に顎の下を優しく、重点的に洗ってあげたり、汚れがみられた場合にはこまめに清潔なコットンやガーゼを用いて拭いてあげたりすることが効果的です。

 

軽度のニキビの場合は、ニキビ部分をこまめに拭いて、清潔さを保つことで、猫の自己治癒力で回復していくことが多いでしょう。また、猫のニキビを飼い主の自己判断で取ろうとするのはおすすめできません。鋭利なもの、爪、歯ブラシなどを用いて無理に猫ニキビを除去しようとすると、患部に傷がついたり、痕が残ったりして、炎症につながる可能性があります。

 

 

・中度〜重度の症状がみられる場合には

 

猫のニキビは細菌によって二次感染が発生すると、炎症がひどくなり、重症化しやすいと言われています。二次感染を引き起こすケースは、4〜5割程度とされており、動物病院で獣医師の指示のもと、治療が必要となります。

 

猫ニキビは、人間のニキビとは全く異なるものです。そのため、人間が使うニキビ薬を代替で使用することはできません。自己判断で人間用のニキビ薬や消毒薬などを使用するようなことがないようにしてください。

 

動物病院では、患部の毛を剃り、抗菌剤や抗炎症剤などを塗布して治療を行います。炎症が中度〜重度の場合には、これに合わせて抗菌剤の内服も指示される場合があります。

 

 

 

猫のニキビを発見したら、早期に治療を行い、動物病院で獣医師に相談

 

 

今回は、猫ニキビについて、症状の主な特徴や、できてしまう原因、できやすいところ、猫ニキビの治療・予防方法などを、詳しくお伝えしてまいりました。

 

猫ニキビは、初期の段階の軽度な症状であれば、猫の生活の質を著しく下げるような病気ではありません。ただし、放置しておくと、中度〜重度の症状の発生につながる恐れもありますので、初期の段階から正しいケアを行い、症状が悪化しないように早めに対応するのがポイントです。

 

猫ニキビのケア方法について相談したかったり、症状が中度〜重度まで進行してしまったりした場合には、動物病院で獣医師の診察を早めに受けるようにしてください。

 

動物病院では、猫のニキビの状態を詳しく診察してもらうことができるだけでなく、健康診断を行ったり、寄生虫(ノミ・マダニ)の予防を実施してもらったりすることも可能です。

 

猫は繊細な生き物ですから、できる限りストレスフリーに、気遣って優しく育てることが必要です。猫にニキビがみられ、心配な場合には、そのままにしておくことなく、動物病院へ連れて行き、原因を究明して治療を行うように心がけましょう。

監修者情報

MSDアニマルヘルス株式会社 コンパニオンアニマル事業部 テクニカルサービス
獣医師 釜田 尚彦
東京大学農学部獣医学科卒

運営者情報

  • MSDアニマルヘルス株式会社
  • 住所:東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア
  • お問い合わせ:msdah.help@gmail.com
ブラベクト®スポット猫用

Ranking人気記事