猫の耳ダニ症(耳疥癬)とは?治療方法や正しい耳掃除の方法もご紹介

 

猫が耳ダニ症に感染すると、耳の痒みが出るため、足で耳を過剰に掻くようになり、頭を振るような仕草も頻繁に見られるようになります。今回は、飼い猫が耳ダニ症に感染した場合の治療方法や、感染の原因・症状、正しい耳掃除の方法などを詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

猫の耳ダニ症の原因とは?

 

猫の耳ダニ症は、耳疥癬症(みみかいせんしょう)とも呼ばれる、強い耳の痒みが出る病気のことを指します。耳ダニ症の原因となるのは、ほとんどの場合、ミミヒゼンダニと呼ばれる小さなダニの寄生です。

ミミヒゼンダニは、大きさ0.5mm程度で、猫の耳道の表皮部分に寄生し、耳垢や耳から出る分泌液などを餌にして、繁殖を続けます。外耳内に卵を産み付けられると、孵化→幼ダニ→若ダニ→成ダニへと3週間程度で成長します。

耳ダニに感染するルートとしては、猫が生まれた時に親猫からうつる感染経路と、野良猫や他の猫からうつる感染経路の2種類が挙げられます。最近では、ペットショップなどの衛生面が向上しているため、珍しい病気になりつつあるものの、症状が出る可能性はあります。

 

 

 

猫の耳ダニ症の症状とは?

 

猫が耳ダニに感染すると、黒い耳垢が見られる、耳から異臭がする、激しく頭を振るようになる、壁や床などに耳を頻繁に押し付ける、後ろ足で耳の周りを過剰に掻く、飼い主から耳を触られるのを嫌がるようになるなど、様々な症状が出ます。

これらの症状は、耳ダニに感染することで生じる激しい痒みによるものです。耳ダニの糞が耳垢に混ざると、耳垢が黒くなり、大量に出るようになります。

耳ダニに感染した場合、放置していると自然に完治することはほとんどありません。そのままにしていると、猫が耳を過剰に掻くことで、炎症などが発生し、外耳炎や耳血腫などを併発することもありますので、耳の汚れを発見したり、痒がったりする仕草を発見次第、早めの段階で動物病院での診断を受けることをおすすめします。

 

 

 

耳ダニ症になりやすい種類はある?

耳が閉じているスコティッシュ・フォールドは、耳ダニにかかりやすい傾向にあると言われています。その他、完全室内飼いではなく、時折、外に出る猫や、完全外飼いの猫は、耳ダニにかかりやすい場合がありますので注意が必要です。

 

 

 

猫から人・他の動物などに感染する危険性はあるか

 

耳ダニは、猫だけでなく、飼い主などの人間にも感染する可能性があるため、注意が必要となります。人間に耳ダニが長く寄生することはないので、症状はあくまでも一時的なものです。

しかし、猫の耳ダニを駆除しなければ、居住環境に耳ダニが生息し続けることになるため、感染している猫を治療しない限り、飼い主が耳ダニに噛まれる症状は続く危険性があります。

また、多頭飼いをしていて、他の猫を飼っている場合も、感染している猫を媒介にして、耳ダニの症状が広がる可能性があるでしょう。そのため、もしも1匹に耳ダニの症状が見られた場合は、飼っている全ての猫の耳ダニを治療する必要があります。

 

 

 

耳ダニ症の治療方法

 

耳ダニの症状が見られた場合、以下のような治療方法があります。

 

・動物病院で耳ダニがいるのかどうかを診察してもらう

 

まずは、耳ダニが実際に生息しているのかどうか、猫の外耳道の耳垢を採取し、獣医師が顕微鏡で観察して、診断を実施します。耳ダニの大きさは、前出の通り0.5mm程度であるため、飼い主が虫眼鏡などを利用して猫の外耳を観察した場合でも、発見することは可能です。

 

・耳ダニの駆除薬を処方してもらう

 

猫の耳ダニ症には、駆除薬を投与して、治療を行います。耳ダニの駆除薬は、多くがスポットタイプ(薬剤を垂らして使うタイプ)となっており、猫の肩甲骨の間など、グルーミングによって舐め取られない部位に投与を行います。

通常の場合は、1回の投与で治療することができることが多いですが、症状が重症化している際には複数回の投与が必要になるケースもあります。

その他、薬剤の投与と並行して耳掃除を行ったり、場合によっては他の治療方法に切り替えたりすることもあるため、詳しくは獣医師の判断に従って適切な治療を続けるようにしましょう。

 

 

 

猫の耳掃除の正しい方法

 

 

ここでは、耳ダニの予防にも効果が期待できる猫の耳掃除の正しい方法についてお伝えしていきます。

 

・コットンで綺麗に耳を拭く

 

猫の耳掃除用のクリーナーや、水などをつけたコットンを用いて、強くこすらず、優しく耳の穴を拭いてあげるのがポイントです。耳の穴を拭く際には、猫の耳を軽く引っ張って、耳の穴の中を確認しながら慎重に拭くようにしましょう。

 

・耳拭き用の布クリーナーを使用する

 

市販されている、耳拭き用の布クリーナーを使用するのも良いでしょう。コットンを用意するよりも簡単に猫の耳掃除を行うことができるため、初心者の方にもおすすめできます。使用する際には、耳拭き用の布クリーナーを指に巻きつけて持ち、耳の穴の中を爪で引っ掻くことのないように、ゆっくりと優しく拭いてあげてください。

 

・洗浄液を使用する

 

猫の耳掃除を行う際に使用するアイテムの一つとして、耳洗浄液が挙げられます。耳洗浄液は、イヤークリーナーとも呼ばれている薬剤で、猫の耳の穴に直接垂らすことも可能です。そのため、コットンやガーゼでは取りきれない耳垢を取ってあげる時に高い効果が期待できます。

耳洗浄液の使用に猫が慣れてきた場合は、耳の穴の中に液を数滴ほど垂らしてしばらく待ち、耳の付け根あたりを優しく揉んであげると、耳の穴の内部に付着している汚れが浮いて出てきます。あとは、これらの汚れを、コットンなどを用いて拭き取ってあげれば、猫の耳掃除は完了となります。

 

・猫の耳掃除はやりすぎに注意

 

猫の耳掃除を行う場合、やりすぎは禁物です。

特に、綿棒を用いた耳掃除は、猫には行わないようにしてください。人間が耳掃除をするときには重宝する綿棒ですが、猫の耳には刺激が強く、過剰に綿棒を使用すると、耳垢が耳の穴の奥に入ってしまったり、耳の穴の中を傷つけてしまったりするリスクがあります。また、先ほどご紹介した耳洗浄液についても、猫が耳の穴に傷や炎症を持っている場合は、使用するのを控えてください。

 

 

 

耳ダニ症の疑いがある場合は、早めに獣医師へ相談して治療

 

今回は、飼い猫が耳ダニ症に感染した場合の治療方法や、感染の原因・症状、正しい耳掃除の方法などについて、お伝えしてまいりました。

動物病院では、耳ダニ症の具体的な原因の特定から、適切な治療方法の選択まで、獣医師のチェックによって詳しく診断することができます。その他、健康診断や、ノミ・マダニなどに代表される寄生虫に対する対策・予防なども実施してもらうことができ、総合的な健康管理を行うことが可能です。猫の耳掃除の仕方がわからない方にも、獣医師から正しい方法を教えてもらうこともできるのです。

万が一、耳ダニ症に近いような症状に飼い猫が悩まされている場合は、決して放置することなく、近所のかかりつけの動物病院で診察を受け、正しい治療方法や予防方法を獣医師から教えてもらうようにしましょう。耳ダニ症は放置していても、完治することは難しい病気であるため、早期発見・早期治療を徹底するようにしてください。

監修者情報

MSDアニマルヘルス株式会社 コンパニオンアニマル事業部 テクニカルサービス
獣医師 釜田 尚彦
東京大学農学部獣医学科卒

運営者情報

  • MSDアニマルヘルス株式会社
  • 住所:東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア
  • お問い合わせ:msdah.help@gmail.com
ブラベクト®スポット猫用

Ranking人気記事