猫にノミがいるか調べる方法とは?ノミがいた場合の駆除方法などについても解説

 

愛猫にノミが寄生していた場合、猫のみならず、同居する人間にも危害が及ぶため、早期の対策が必要となります。今回は、猫にノミがいるか調べる方法や、万が一、ノミがいた場合の駆除方法などについても詳しく解説します。

 

 

猫にノミがいるか調べる方法①:ノミがいる時の症状が出ていないかチェック

 

猫にノミが寄生している場合、以下のような症状が見られますので、これらの症状が見受けられた際には、早めに動物病院で診断を受けるようにしましょう。

 

・顔の周辺などを頻繁に掻く仕草をする
・首や背中に小さなカサブタや腫れ物がある
・首の後ろや尾の付け根などに炎症が見られる
・毛繕いが多く、毛玉を吐くことが増える
・毛が抜けることが多くなる
・便に瓜実条虫(サナダムシ)が排出される
※瓜実条虫(サナダムシ)はノミを媒介として寄生するため

 

ノミは猫の体表に常に生息しているわけではなく、猫の血を吸った後に飛び降りて部屋の中などに潜伏する場合もあるため、一時的にしか姿を見せません。そのため、体表にノミの姿が見えない場合にも、異常に気付けるかどうかが重要となります。

 

 

猫にノミがいるか調べる方法②:猫の毛繕いの仕方の異変に注意

 

猫にノミがいるかどうか調べる方法として、猫の毛繕いの仕方に異変がないかどうかチェックする方法があります。ノミに敏感な猫の場合、ノミの唾液によって痒みを発生し、アレルギー反応を起こすことがあるのです。

その際、猫は過剰なまでに毛繕いをするようになるため、そのような仕草が見られる場合には、ノミの寄生を疑い、早めに動物病院で診断を受けるようにすることをおすすめします。

 

 

猫にノミがいるか調べる方法③:猫の行動の異変に注意する

 

猫にノミがいるか調べる方法のひとつに、猫の行動の異変に注意する方法があります。猫は、ノミに寄生された場合、それまで過ごしていた部屋に突然入りたがらなくなる仕草が見られるようになります。

普段よりも落ち着きがなくなり、頭を振ったり、不機嫌な状態になったりすることも増えます。このような猫の行動に異変が見られるようになった際には、ノミに寄生されている可能性があるため、早めに動物病院へ連れて行き、診断を受けるようにしましょう。

 

 

猫にノミがいるか調べる方法④:ノミ取り櫛を利用する

 

 

猫にノミがいるか調べる方法として、ノミ取り櫛を利用する方法があります。以下の手順でノミがいるかどうかをチェックしてみてください。

・猫を白いシーツまたは枕カバーなどの上に乗せる

まずは、猫を白いシーツまたは枕カバーの上に乗せて、固定します。白い布を下に敷けば、ノミ取り櫛を利用した際に落ちたノミや、ノミの糞がよく見えます。

 

・猫の被毛をノミ取り櫛でとかす

 

ノミ取り櫛は歯の間にノミが引っかかるように設計されている特殊な櫛です。ノミは体長が3〜4mm程度で、羽は持っていないため、ノミ取り櫛で被毛をとかしていくと、飛んで逃げるのが見えるはずです。ノミは猫の足の間にある腹部の被毛に寄生しやすいため、重点的にチェックしてみてください。その他、首の後ろ、尾の付け根なども特に注意すべきポイントとなります。

 

・ノミ取り櫛を確認して、卵や糞がないかを確認する

 

ノミの成虫が見つからない場合でも、ノミの卵や糞がノミ取り櫛に付着していることがあります。ノミの卵は塩の粒のような見た目をしています。ノミの糞は、小さな黒い粒々のように見え、水に濡れたティッシュなどの上に置くと、溶けて血液のような赤茶色に変わります。これらを見つけた場合には、ノミに寄生されていることがほぼ確定するため、動物病院ですぐに駆除対策を行うようにすべきでしょう。

 

・脱毛や抜け毛の形跡を探す

 

猫がノミに寄生されると、グルーミングのし過ぎやストレスなどが原因となり、脱毛や抜け毛の症状が出る場合があります。そのため、ノミ取り櫛で被毛をとかしながら、脱毛や抜け毛の形跡がないかどうかを確認することも大切です。これらの形跡が見られた場合には、ノミに寄生されている可能性があるため、早めに動物病院へ連れて行き、獣医師からの診断を受けるようにしてください。

 

 

猫にノミがいる場合の駆除対策について

 

 

猫にノミがいるか調べる方法を実施して、ノミがいることがわかった場合には、放置していると症状は自然に収まることはありません。さらに、室内飼いであれば、部屋にノミが住み着き、猫だけではなく、飼い主や他の動物などにも危害を加えるため、駆除対策が必須となります。

具体的には、以下のような方法がありますので、早急に駆除対策を行うようにしましょう。

・室内のノミを駆除する

猫にノミが寄生している場合、吸血した後に猫の身体から飛び降り、部屋のどこかに身を隠すことがあるため、室内のノミを駆除する必要が出てきます。カーペット、畳、ソファー、クッション、ベッドや布団などの寝具に住み着く傾向があるので、ノミの成虫と卵の両方に駆除効果がある市販のくん煙式殺虫剤を使用しましょう。ただし、くん煙式殺虫剤は同居するペットや子供などの健康に悪影響がある場合もあるため、使用する際には注意書きをよく読み、安全を確保して利用するようにしてください。

 

・ノミの駆除薬を処方してもらう

 

ノミの駆除薬を猫に使う場合には、市販の駆除薬ではなく、できる限り獣医師から処方してもらうお薬を使用するようにしましょう。万が一、副作用などが出た場合でも、獣医師からの処方を受けていれば迅速なサポートを受けることができますが、市販薬を使用していると、そのような場合は別途動物病院を探して、独自に対応を行わなければなりません。

現在、動物病院で処方されるノミの駆除薬は、スポットタイプと呼ばれる滴下する手法のお薬が主流となっています。猫の首筋に薬剤を垂らすだけで効果が見込めるため、手間がかからず、非常に便利です。その他には錠剤タイプもあり、猫の体質や性格などを鑑みて、獣医師が処方してくれます。

 

・獣医師が推奨するノミ取り首輪を選ぶ

 

ノミ取り首輪は市販されていますが、市販のものは効果が限定的で、ほとんど駆除効果が見込めないケースが多いです。そのため、獣医師が推奨するノミ取り首輪を選んでもらう方法が良いでしょう。ただし、ノミ取り首輪のみでノミの駆除は不可能であるため、処方してもらう駆除薬と合わせて活用することになります。

 

 

猫にノミがいるか調べる方法を実践して、ノミがいた場合には早期に動物病院で獣医師の診断・駆除対策を受けましょう

 

今回は、猫にノミがいるかどうかを調べる方法を複数ご紹介し、万が一、ノミがいた場合の駆除方法などについても詳しく解説してまいりました。

ノミがいるか調べる方法を実践し、ノミがいることが発覚した場合には、放置することなく動物病院にて獣医師の診断を受け、駆除対策を受けるようにしてください。

動物病院では、ノミだけでなく、マダニなどの寄生虫の駆除対策も同時に受けられるほか、健康診断を受けることで他の病気の危険性なども事前にチェックしてもらうことができます。

猫にノミが寄生している場合、そのままにしておくと、かゆみなどの強い苦痛をもたらし、多大なストレスがかかります。人間にも被害が及ぶ危険性もあるため、早期に駆除を行うようにしましょう。

監修者情報

MSDアニマルヘルス株式会社 コンパニオンアニマル事業部 テクニカルサービス
獣医師 釜田 尚彦
東京大学農学部獣医学科卒

運営者情報

  • MSDアニマルヘルス株式会社
  • 住所:東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア
  • お問い合わせ:msdah.help@gmail.com
ブラベクト®スポット猫用

Ranking人気記事