×

ブラベクト®︎オーナーインタビュー:小型犬2匹との暮らしとノミ・マダニ対策の大切さとは?

 

今回は、ミニチュアシュナウザーの「エレ」と「ロン」を飼っている植原脩(うえはらおさむ)さん・植原美波(うえはらみなみ)さん夫妻に、小型犬との暮らしや、ブラベクト®︎を利用したノミ・マダニ対策について詳しくお話を伺いました。

 

Q:愛犬についてお話をお聞かせください。

 

ミニチュアシュナウザーのブラック&シルバーの「エレ(メス・3歳4ヶ月)」と、ソルト&ペッパーの「ロン(オス・2歳11ヶ月:推定)」を2匹飼っています。
エレは生後2ヶ月くらいの時にペットショップで出会って飼い始めました。本当に一目惚れという感じでしたね。エレは内弁慶なので、家ではヤンチャですが外では大人しいです。
ロンは1歳〜1歳半くらいの時に、うちに迎えた保護犬です。(美波さんが)保護犬や保護猫の活動に興味があり、活動団体のSNSで見つけて一目惚れした感じですね。見つけた時は歯もガタガタ、耳垢だらけといった状態でかわいそうでしたが、今では健康で元気に2匹仲良く暮らしてくれています。ロンはとても優しくて人懐っこい性格ですね。

 

 

Q:お二人にとって、愛犬はどのような存在ですか?

 

本当に、家族そのものですね。失ってしまったら生きていけない、と思うくらいです。(脩さんは)今まで動物を飼った経験はなかったのですが、2匹と一緒に暮らすようになってからは、牛や羊などの他の哺乳動物もすごく好きになりました。愛犬を家族として迎え入れたからこそ、ノミ・マダニ対策はもちろん、できる限りのことをしてあげたいと考えています。

 

 

Q:飼っている環境や、犬を連れてよく行く場所などを教えてください。

 

散歩は1〜2回、朝と夜に行くことが多いです。ゴールデンウィークなどの長期休暇でやむを得ず家を空ける必要がある場合などはペットホテルも利用します。
あと、うちは趣味がアウトドアで、キャンプなどをするのがとても好きなので、キャンピングカーに2匹を載せて色々な場所に行っています。
キャンピングカーを購入したきっかけも、愛犬のためを想い、過ごしやすい環境を出かけた先でも提供してあげたいと考えたからです。今は環境の良いペット同伴可能なホテルも多いですが、全ての場所でベストな選択肢が見つかるわけではありませんから、自分たちの好みに合わせた空間で移動できるキャンピングカーは重宝しています。

 

 

 

Q:他の犬との交流はありますか?

 

当然のことではありますが、ペットOKのマンションで飼っていますので、同じマンション内で他の飼い主さんとワンちゃんに会うことは頻繁にありますね。
「どこの動物病院のかかりつけになっているか」「どんなノミ・マダニ対策などをしているか」といった情報なども、飼い主さん同士で交換することが多いです。

 

 

Q:動物病院に行く頻度はどれくらいですか?

 

犬の具合が悪い時などは、1週間に1回くらいのペースで動物病院に通う時もあります。基本的に健康な時には、2〜3ヶ月に1回くらいの頻度でお世話になっています。
動物病院では、主に健康診断などを受けたり、ノミ・マダニ対策のお薬をもらったり、ワクチンを接種してもらったりなどしていますね。

 

 

Q:ノミ・マダニ対策をしようと思ったきっかけを教えてください。

 

私たちは犬を連れてキャンプに行ったり、外に連れ出したりする機会がとても多いので、ノミ・マダニ対策は必須だと思って対応を始めました。犬を連れて獣医師のところに通っている方々は、ノミ・マダニ対策は医師から勧められるので常識のひとつという認識も多いかと思います。

 

 

Q:ブラベクト®を投薬する前は、愛犬にどのようなノミ・マダニ対策をしていましたか?

 

ブラベクト®︎を投薬する前には、1ヶ月に1度の投薬が必要になる他社の薬剤を利用していました。私たちはマメなタイプの性格ではないので、以前の薬剤は毎月投薬が必要だというところが大きなデメリットでしたね。そのため、実際に投薬を忘れてしまった月もありました。

 

 

Q:なぜブラベクトを選ばれたのですか?

 

かかりつけの獣医師からのおすすめで、ブラベクト®︎を利用し始めました。特に、3ヶ月に1度の投薬で良いという点がメリットだと感じています。また、コストについても、かかりつけの動物病院では以前に利用していた薬剤を9ヶ月分購入した金額より、ブラベクト®︎を12ヶ月分購入した金額の方が安かったので、安上がりになるのも良い点ですね。私たちは病院の会員になっていて、ブラベクト®︎についても会員価格で割引された金額で購入できるメリットがあるのも大きいです。

 

 

 

Q:投薬したのは「ブラベクト®錠」及び「ブラベクト®スポット犬用」のどちらですか?

 

私たちが利用しているのは「ブラベクト®︎錠」です。スポットタイプだと、被毛が多いこともあり、お薬がしっかり浸透するか不安なところもあるので、今のところ錠剤がベストですね。うちの犬は食欲旺盛なので、錠剤を与えられることに抵抗もありません。お薬としてイヤイヤしながら飲んでいるというわけでなく、おやつ感覚で嬉しそうに食べているという印象です。

 

 

Q:今までのノミ・マダニ対策と比べ、ブラベクト®はどうでしたか?

 

以前に投薬していたノミ・マダニ対策の薬剤と比べると、小型犬にそのまま与えるには少しサイズが大きいので、ハサミで小さく切って、餌に混ぜて与えるようにしています。ブラベクト®︎は美味しいようで、食欲旺盛ということもあり食いつきも良いですね。
先ほどもお伝えした通り、3ヶ月に一度の投薬で済むので手間が省けるのも良いと思っています。一応、こちらはお薬でもありますので、毎月与えるより頻度が低くなる方が心理的に安心できる面もあります。

 

 

Q:ブラベクト®︎の安全性については、獣医師からはどのようにお聞きしていますか?

 

ブラベクト®︎について、基本的には獣医師から特に大きな副作用などを心配することなく、安心して利用することができると聞いています。ただ、時期的に狂犬病対策を行う時だったので、処方いただいたブラベクト®︎の投薬と狂犬病対策の注射を当日併用するのは避けましょう、という提案はいただきました。

 

 

 

Q:3ヶ月に1度の処方を忘れないためのリマインドはどのような手段を利用されていますか?

 

ブラベクト®︎のLINE公式アカウントの3ヶ月に1度の処方を忘れないようにするリマインド機能を利用しています。また、「3ヶ月アラートキャンペーン」をやっていると聞いたので、そちらを登録させていただきました。私たちはあまりマメな性格ではないので、このようなリマインド機能はとっても助かりますね。

 

 

Q:これからノミ・マダニ対策を行おうと考えている犬のオーナーさんに、ブラベクト®︎を利用したことがあるオーナーとして、メッセージをお願いします。

 

ブラベクト®︎は、3ヶ月に1回の投薬で済むので「毎月、ノミ・マダニ対策のお薬を投薬するのが面倒」と感じていらっしゃるオーナーさんにはぜひともおすすめです。
3ヶ月くらいの期間というと、ちょうど動物病院に通う頻度としてもベストですから、お薬を取りに行くのと合わせて定期的な健康チェックもしてもらえますしね。
動物病院によっては取り扱いがないケースもあるみたいですから、取り寄せてもらう必要がある場合もあるかもですが、それだけ価値は高いと思います。

監修者情報

MSDアニマルヘルス株式会社 コンパニオンアニマル事業部 テクニカルサービス
獣医師 釜田 尚彦
東京大学農学部獣医学科卒

運営者情報

  • MSDアニマルヘルス株式会社
  • 住所:東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア
  • お問い合わせ:msdah.help@gmail.com

Ranking人気記事