ブラベクト®︎オーナーインタビュー:大型犬2匹との暮らしとノミ・マダニ対策の重要性について

 

今回は、ラブラドールレトリーバーの「百塩(ももしお)」とエアデールテリアの「海松(みる)」を飼っている菱沼大(ひしぬまたけし)さん・菱沼美絵(ひしぬまみえ)さん夫妻に、大型犬2匹との暮らしや、ブラベクト®︎を活用するノミ・マダニ対策についてお話しをお聞かせいただきました。

 

 

Q:2匹の愛犬との出会いや、性格などについて教えてください。

 

「百塩」と「海松」を飼いはじめたのは、家を建てたのを機会に「犬を飼いたい!」と(大さんが)話したのがきっかけでした。「百塩」はペットショップで出会って購入し、「海松」はブリーダーさんから購入しました。
2匹とも一緒に暮らしはじめて2年程度になります。「百塩」のネーミングは、日本の茶色を表す言葉からつけました。「海松」も海のように深い茶色という意味がある和名です。(大さんが)昔からお囃子などの伝統文化が好きなので、そこから着想を得ました。
性格としては、「百塩」はとにかく人懐っこくて他の犬と遊ぶのも好きな明るい性格です。「海松」は少々神経質ですが他の犬と遊ぶのは好きで、人は選ぶ感じですね。
また、2匹とも大型犬なので、体が大きくて力も強く、散歩の時などリードはしっかりと握りしめて離さないように工夫しています。2匹を同時に散歩に連れて行くこともあるので、不測の事態にならないように、ドッグトレーニングなどにも時折連れて行って、しつけについては徹底しています。

 

 

 

Q:どのような場所に愛犬とよく出かけますか?

 

基本的には室内飼いをしていますが、アウトドアやレジャーなどにも連れていきますし、毎週末、必ず一緒にどこかに出かけています。散歩の頻度については、朝に散歩へ1〜2時間程度連れていき、夜は行けるタイミングで散歩に連れて行く時もあるという感じです。

 

 

Q:他の犬と遊ぶのは好きですか?

 

ドッグランなどによく連れて行くので、他の犬との交流はけっこうありますね。ただ、2匹とも去勢をしていないため、何かきっかけがあると他の犬と争ってしまうこともあります。喧嘩を売ることはないのですが、もしも他の犬から仕掛けられると応戦してしまうので気をつけています。

 

 

Q:ノミ・マダニ対策はなぜ必要だと思いましたか?

 

室内飼いをメインにしているものの、外出が非常に多いのでノミ・マダニ対策は必ずやらなければならないことのひとつです。その他、病気の防止のために混合ワクチンも注射してもらっています。

 

 

Q:ブラベクト®を利用する以前に行っていたノミ・マダニ対策を教えてください。

 

以前に利用していたノミ・マダニ対策の駆除薬はスポットタイプのものを使っていました。投薬頻度は、ブラベクト®︎とは違い、1ヶ月に1回です。
「海松」はトリミングが必要な犬種であるため、1ヶ月に1回の投薬サイクルだと、スポットタイプを利用する場合は、投薬のタイミングが難しいというデメリットがありました。
トリミングのサイクルも1ヶ月程度なので、もしもスポットタイプを投薬したタイミングと被ってしまうと、せっかく投薬しても被毛を刈られてお薬の効き目が薄くなる可能性もあったんです。
また、頻繁に川遊びに連れて行くため、水に入る日とスポットタイプの投薬のタイミングが被ると、これもお薬の効き目が薄くなる場合があるので、投薬する時期については結構調整が必要だったのが難点でしたね。

 

 

Q:ブラベクトを利用しようと思った決め手を教えてください。

 

1ヶ月に1回の投薬のタイミングが取りづらいことに悩んでいたので、より効率的な投薬ができるノミ・マダニ対策のお薬を探していたところ、獣医師からのすすめを受けて、ブラベクト®︎錠を利用するようになりました。
ブラベクト®︎錠であれば、3ヶ月に1回の投薬で済むので、以前に利用していたノミ・マダニ駆除薬と比べるとトリミングの日程や外出の用事にそれほど被ることがなく、安心して投薬を実施することができるメリットがありました。
また、犬との暮らしぶりを伝える有名なライフハッカー系のYouTuberさんがいて、その方がブラベクト®︎の使いやすさや処方された際の使用感などを紹介しており、それを視聴して魅力的だなと思ったことも、ブラベクト®︎を選んでみようと思った動機のひとつとしてありますね。

 

 

 

Q:ブラベクト®錠の使用感はいかがですか?

 

ブラベクト®錠はチュアブルタイプなので、スポットタイプと比べておやつのように与えるだけなのでとても手軽で助かっています。また、何よりも3ヶ月に1回の投薬で良いというのは私たち飼い主だけでなく、投薬される「百塩」と「海松」にとっても楽だと思います。
特に、「百塩」は食べるのが大好きなのでとても食いつきがよく、これまで利用していたスポットタイプよりも、錠剤タイプの方がおやつ代わりのように投薬しやすくてとても便利ですね。
ブラベクト®︎錠は錠剤ひとつひとつが大きいので、大型犬でもしっかりと咀嚼して食べる必要があるところが安心できるポイントです。小さな錠剤だと飲み込んでしまって咀嚼不足で消化不良になる可能性もあると思うので、この点は大型犬に投薬する際にメリットになる点だと感じました。
「海松」はご飯の好き嫌いが多く、初めて口に入れるものを吐き出してしまう癖があるのですが、今のところ大丈夫ですね。もし、なかなか咀嚼してくれないようなことがあっても、ブラベクト®︎スポット犬用もありますから、選択肢があるのも良いなと思っています。

 

 

Q:ブラベクト®︎錠のコスト感はいかがですか?

これまで使っていたノミ・マダニ対策の駆除薬は、一回の費用が結構高く、12ヶ月利用するとなるとコストがかかったのですが、ブラベクト®︎に換えてからは3ヶ月に一回の購入で済みますし、より安い価格でノミ・マダニ対策ができています。

 

 

 

Q:3ヶ月に1度というサイクルを忘れないように、どのような方法でリマインドをしていますか?

 

3ヶ月に1回の処方を忘れないように、リマインドについてはGoogleカレンダーに入れて管理しています。ブラベクト®︎のLINE公式アカウントで3ヶ月に1回の投薬時期をリマインドする機能がリリースされていたので、そちらも併用して忘れないようにしていますね。

 

 

Q:新しいノミ・マダニ対策を探している犬のオーナーさんに、ブラベクト®︎の魅力についてお伝えするメッセージをお願いします。

 

ブラベクト®︎の使いやすさやなんと言っても3ヶ月に1回の投薬で済むというところだと思います。通院して処方を受けるお薬なので、3ヶ月に1回のペースで動物病院までお薬をもらいに行く際に、ついでに体重測定をしたり、健康診断を受けたり、爪切りをしてくれたり、肛門線絞りするなど、健康管理の一環として利用していける点もおすすめできるポイントだと思います。
効率的に投薬することができるノミ・マダニ対策の駆除薬をお探しの方は、ブラベクト®︎を試してみてはいかがでしょうか。

監修者情報

MSDアニマルヘルス株式会社 コンパニオンアニマル事業部 テクニカルサービス
獣医師 釜田 尚彦
東京大学農学部獣医学科卒

運営者情報

  • MSDアニマルヘルス株式会社
  • 住所:東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア
  • お問い合わせ:msdah.help@gmail.com

Ranking人気記事