犬の生理はいつからいつまで続く?生理期間・発情周期に関する基礎知識と避妊手術の重要性について

 

 

初めて避妊手術をしていない雌の愛犬を迎える飼い主さんは、避妊手術を行う予定がないのであれば、犬の生理に関する基礎知識を身につけ、犬の習性に付き合ってあげる心構えが必要となります。

 

犬の生理は、ヒートとも呼ばれ、いわゆる発情期を表しており、人間の月経と同じものではありません。犬の生理のことを詳しく知らなかったために、愛犬に望まない妊娠をさせてしまったり、過度のストレスを与えてしまったりすることのないように、今回の記事をぜひとも参考にしてみてください。

 

 

 

犬の生理はいつからいつまで続く?その仕組みとは

 

犬の生理は、具体的にはいつからいつまで続くものなのでしょうか。ここでは、その仕組みについて詳しくお伝えしていきます。

 

 

・犬の生理の仕組み

 

犬の生理は、発情期に発生するものです。犬の発情周期は、以下のとおり、4つのサイクルを経て繰り返されます。

 

 

・発情前期

 

外陰部が膨らんで充血をはじめ、陰部から粘性の高い濃い出血がみられます。こちらの期間は、個体差はあるものの6〜10日間程度で、この時期は雄犬を許容することはありません。

 

 

・発情期

 

陰部が大きく膨らんで柔らかくなり、雄犬を許容して交尾をする時期となります。この発情期は、個体差はありますが、8〜14日間程度です。

 

発情出血は、当初の粘性の高い濃い血液の色合いから、ピンク色の水様性となり、出血量も少なくなります。なお、この犬の生理中にみられる出血は、排卵前に子宮内膜の血管が増殖および発達し、血管から血液が滲み出ることで発生します。

 

一方、人間の月経の場合は、卵子が受精せずに子宮内膜が剥がれ落ちて出血することによって起こりますので、犬の生理とは仕組みが根本的に異なることがお分かりいただけるかと思います。

 

 

・発情後期

 

出血は完全にみられなくなり、妊娠・分娩・授乳を想定している時期となります。この時期に入ると、雄犬を許容することはなくなります。期間はおよそ2ヶ月程度です。

 

 

・非発情期

 

一連の発情期の流れが終わると、非発情期に入り、心身ともに安定して、正常な状態に戻ります。期間はおよそ4ヶ月程度です。このサイクルを繰り返して、再び生理が始まります。

 

 

・犬の生理の始まる時期とは?

 

犬の生理は、生後6〜10ヶ月頃を目安に始まると言われており、個体差によっては生後1年を経過してから始まることもあります。

 

小型犬で5〜7ヶ月、大型犬で8〜12ヶ月の間隔で、年1〜2回の生理がみられます。高齢になるにつれて、生理の間隔は開き、出血量も減るものの、人間のように閉経することはないのが特徴です。

 

 

 

犬の生理の主な症状とは

 

 

 

 

犬の生理の主な症状は、以下のとおりとなっております。

 

 

・落ち着きがなくなる

 

特に発情前期には、落ち着きがなくなり、動き回るような素振りを見せることが増えます。また、散歩に行きたがらなくなるといった症状もみられます。このような症状は生理的な行動であるため、見守ってあげることが重要です。

 

 

・マウンティングをする

 

発情期の間は、雌犬の場合でも、他の犬や目につくものに陰部を擦り付け、マウンティングと呼ばれる行為を行うようになります。この行動は、雄犬を受け入れる状態となったことを示す行動となります。

 

 

・元気がなくなって食欲減退する

 

犬の生理中は元気がなくなって、食欲減退する個体もいます。ご飯をあまり食べなくなってしまった場合には、愛犬が好きな食材を加えたり、スープを使って食べやすくしたりするなど、工夫をしてあげてください。もしも、あまりにも食欲がなさすぎる場合には、動物病院で診察を受けさせることをおすすめします。

 

 

 

犬の生理中の注意点

 

 

 

 

犬の生理中に注意したい点を、以下に詳しくまとめました。

 

 

・犬の生理中は室内の汚れ対策を万全に

 

犬の生理中は、室内の汚れ対策を万全にしてあげましょう。サニタリーパンツや紙オムツを履かせてあげたり、床にトイレシートやマットを敷いてあげたり、ソファなどにはカバーを敷くなど、血液が室内のあちこちに付着して残らないように工夫が必要です。

 

また、清潔なタオルやコットン生地を温かいお湯で濡らしたうえで、愛犬の陰部を優しく拭いてあげると、床に落ちる血液の量を少なくすることができますのでお試しください。

 

 

・食欲が落ちているときは嗜好性を上げる工夫を

 

愛犬が生理中で、食欲をなくしている場合には、嗜好性をあげる工夫をしてあげるように心がけてください。

 

具体的には、ドライフードを水でふやかして食べやすくしたり、フード自体を温めたり、鳥の煮汁や魚介類などの低温スープを用意したり、ドライフードにふりかけを混ぜたりするなど、食欲のない愛犬が美味しくご飯を食べられるように色々と手を尽くしてあげましょう。

 

その他、ウェットフード、セミウェットフード、フリーズドライフード、手作り食、生食などは、通常のドライフードよりも嗜好性が高いため、愛犬の好みによって切り替えるようにすると良いでしょう。

 

 

・散歩時に雄犬と遭遇する際には細心の注意を払う

 

生理中の愛犬の散歩時に、雄犬に遭遇すると、興奮した雄犬につきまとわれるトラブルに見舞われる可能性があるので、十分に注意しましょう。生理中の雌犬は精神状態がナイーブなので、他の犬と散歩中に遭遇することで喧嘩に発展してしまうこともあります。

 

生理中で散歩に行きたがらない場合には、無理に連れていく必要はありません。もしも生理中に散歩に連れていく場合には、発情期間中は家の周りを歩く程度にするなど、他の犬との遭遇をなるべく避けることができるコースを選ぶようにしてください。

 

 

・ドッグランやドッグカフェのルールを守る

 

ドッグランやドッグカフェも、他の犬と遭遇してトラブルとならないように、ルールを守って利用するようにしましょう。

 

特に、生理中の場合には入場お断りなどになっている場所も多いので、その際には無理に連れて行こうとせず、家で愛犬を休ませるようにしてください。

 

万が一、未去勢の雄犬がいた場合、目を離した隙に交尾をはじめ、愛犬に望まない妊娠をさせてしまう可能性があります。そのため、生理中はドッグランやドッグカフェの利用は控えるほうが無難です。

 

 

 

愛犬の幸せのために生理対策として避妊手術もある

 

 

 

 

避妊手術をすることにより、愛犬が生理の症状に悩まされる心配がなくなるほか、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症といった様々な病気を未然に防ぐことが可能となります。

 

愛犬が生理の症状でストレスを感じている場合や、今後、子供を妊娠・出産させる予定がない場合には、愛犬の健康と幸せのために、動物病院で避妊手術を受けさせることも選択肢のひとつとして検討しましょう。

 

また、動物病院へ連れて行けば、避妊手術を受けさせることができる以外に、愛犬に健康被害をもたらす様々な症状(ノミ・ダニなど)の診察も可能です。愛犬の健康に異常がみられた場合には、放置することなく、動物病院での診察を受けさせるように心がけましょう。

 

Ranking人気記事